FC2ブログ

君影草

雪と花を閉鎖後、こちらで記事を更新しています.

あと1センチの恋

こんばんは

皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏バテされていませんか?

うなぎ、召し上がりましたか?

ちなみに私は熱でうなされてて食べそこねました。。。

うな丼。。。


未だ微熱が続き本調子とは言えないMです。

ついでに足の手術なんぞも日帰りでしてきました。

何やかんや、厄介な体です。本当に。

さっさとちゃんと仕事に復帰したいんですけど、

慣らし出社どころかほとんど出社できていません。

気持ちは焦るばかりというやつです。

焦っても仕方ありませんけどね。

熱が出てるとできることも限られてきて、

先日出かけた際にTSUTAYAで借りていたSPを見て、

さらに「どこいくの?」「風に聞いてください」と唐沢寿明と本仮屋ユイカがCMしていた頃に録画していた

SPの映画を見て、

岡田君カッコイーな-と思っておりました。ええ。暇人(熱があるとき)なんです。つまり。

そんな中でしたが、ちょっと調子がよかったときに

クラシックバレエを観賞してきました。

んー、芸術を楽しむ意味では鑑賞でしょうか。

華やかで柔らかくて、それでいて情熱的な美しさって素敵ですね。

高野陽年という日本人が東洋人や欧米人に混ざって一人だけ出演していたのですが、

一目でわかるほど良い意味での日本人らしさと優しさと凛々しさがでていて、

ホワ~としていしまいました。

カーテンコールの盛り上がりときたらもう。

そりゃあこっちも手を振りたくなります。振らないけど。みんな振ってたけど。

そこで素直に手を振れるような純粋さはきっとどこかに忘れてきたんです。

それにしても素敵な時間でした。


素敵と言えば、そのバレエのときの隣席になった壮年のご夫婦(だと思うんです)が、

すごくいい雰囲気でした。

旦那さんが奥さんを大切にしているというか。

「この会員になって、登録を○○ちゃんの名前にしてたら

好きな公演がすぐわかるし、安くなるしいいんじゃない?

あ!秋にすごいの来るよ!

チケット買って帰る?もう売ってるかな?帰りに下で聞いてみようね。」

…なんだろう、この身のこなしのスマートな気遣い豊富で優しい素敵な(きっと愛妻家の)旦那様は。

どこにいるんだ、こんな人。と ひっそり隣で思っていました。

趣味を一緒に楽しめる夫婦って見ていてほんわかしますね。

優しい気持ちになれる上に、羨ましいです。


秋にはいくつかクラシックとバレエとオペラを鑑賞予定です。

最近そういうのに興味があるというか、昔はフィギュアとかも見ないような人間でしたが、

自分がピアノとかから離れると急にそういう本格的なものを見たくなるというなんとも天邪鬼発揮です。

こっちの方ではなかなか大きな公演はありませんが、

東京とか大阪はやっぱり多いんですねぇ。

その点はやっぱり都会っていいなぁ。

(趣味と言っていいのかどうなのかというレベルの趣味のために

そんなところまで行けないけど)

芸術の秋を楽しむ予定なので、それまでには全快になっていたいなぁと思います。


今日のタイトルはこの前観たDVDのものです。

私は結構好きなストーリーでした。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイと続けて観たからか?

いや、単体で見てもきっと気に入ったと思います。

たまにもどかしくなりますけど。

SMではサタミシュウの新作がでているようですね。

また買ってみようと思います。

相変わらずのSM要素なし更新でした。

スポンサーサイト
[PR]


未分類 | コメント:2 |

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ

こんばんは&暑中お見舞い申し上げます。(一部地域除く)

予定通り2週間で退院しました。

結局原因不明のままでしたが、とりあえず主たる症状は治まったようです。

まだ背中は痛みますが、咳はもうでません。

入院中はちょっとタイプの主治医の先生に13日会えたので、

そんなに退屈しませんでした。←そこかよw

まだ通院はちょっと続く感じなので、

先生とは長いお付き合いになりそうです。

別の意味でお付き合いできたら最高ですが、

そんなことは万に一つもないでしょう。

入院中はひたすら図書館戦争を読みまくり(もちろん活字のほうで)、

シリーズ読破したにも関わらずさらにもう1回読んで、

そこからお気に入りの巻を読んで、

さらに別の有川作品を読みまくりました。

図書館戦争のほかにはクジラの彼がおすすめですが、

あれを読むならその前にぜひとも空の中を読んで欲しいと思います。

楽しさが違いますよ、ええ。

そんなわけで、有川浩作品がいかに好きかというのは置いておくとしてですね、

退院してから観たんですよ。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ。

一応SMに分類されるはずのあの映画。

本もあります。

ちなみに私は洋物の活字は苦手なので(どうもカタカナと登場人物の多さとかが昔からダメ)読んでいませんが、

活字のほうがもしかしたらもしかすると楽しい作品かもしれません。

まだご覧になってない方もいらっしゃると思うのでネタバレは極力控えたいと思いますが、

私感では…私には無理、だって無理でしょ、嫌でしょそういうの という感じでした。

書面でどうこうが無理な私にはあのストーリーというか展開というか、

相手役の男性が無理と言うか。。。

厳密に言えばグレイの思想が無理というか。

あれが思想なのか思考なのか嗜好なのかというと、

もはや私の脳内想定レベルを超えているので確定できませんでした。

ただ、共感できる部分もありました。

どことか言うとネタバレになるのか?

と思うので、それは触れずにおきます。

とりあえずあの映画は個人的にはオカズにはなりませんでした。

いえ、基本私のオカズは妄想ですけれどね?

でもたまには映像を見たくなる時だってあるわけです。

見てもそれをオカズにはしませんが、

着火剤的なものにはなります。

でもやっぱりオカズは妄想なわけです。

きっと世の中に女性の妄想を上回るエロは存在しないと思います。

そのくらいそれはすごいことをしているわけです。

妄想の中では自由ですから。

自分も、そのときオカズにしてる相手も。

思いのままなわけです。

男性は視覚的に興奮材料が必要とよく言いますが、

女性はそんなものなくて大丈夫なんです。

よく言われることですが、脳と子宮で感じるのが女です。

私はリアルのときはそこに嗅覚と聴覚が入ります。

匂いフェチ(臭いのは嫌ですよ)の声フェチですからね。

そこらはもうリアルでは存分に発揮します。

未だに妄想の中ではここ一番の時にああ言われた、

こう言われた、そのときの声のトーンがどうでこれこれああだったみたいなことまで事細かく再現しております。はい。

ちなみにそれは雪と花を作ったきっかけの方の人ではなくて、

その後の方の人ですけれど。

もうね、声がね、大好きだったわけです。

容姿も私の中ではドンピシャでしたしね。

未だにオカズにし続けすみませんと思うんですよ。本当に。

でも次の相手が見つかるまでは無理でしょうねぇ…( ゚д゚ )

縛りもうまかったしなぁ。

と、回想してしまうのは今朝の夢に彼が出てきたからです。

ということは、私は相当欲求不満なようです。

朝起きたらビショビショでした。はい。

女性のみなさんそんなこともありますよね、多分。

私はたまにあります。総じて欲求不満なときに!

それこそ退院する3日くらい前から何故かやたらとムラムラして、

病室にきた主治医を押し倒そうと思ったことも2度や3度ではありませんでした。

脳内で留めておきました。

襲ってもどうせ冷たくあしらわれるんですよ。ええ。

いや、その前にほぼほぼノーマルですよ。(´・ω・`)

いやいや、待て待て。

そもそも私は結構自制心のある方だと…いや、ないか。、

ないけどあると思いたいので、脳内押し倒しゲームしてたわけです。

でも白衣は脱がないで欲しいとかそういう妄想…いえ、ゲームをね?脳内で。。。

してしまうくらいにはムラムラしてて、

退院するとそんなことはなかったかのように治まったんですが、

あれは一体何だったんでしょう。

謎です。迷宮入りです。

そんなわけで、健全な淑女も乙女もきっとみんなオナニーしてるんです。

と、わけのわからない締め方になりましたが、

それはもういつものことなのでどうぞ寛大なお心で見てやって下さい。

それでは、しっかり水分をとって熱中症には気をつけてくださいね。



未分類 | コメント:4 |

ちょっくら行ってきます

こんにちは

なんと7月です!

早いなぁ。。。

そう、7月です

ちょっと入院してきます。

2週間の予定です。

とりあえず生きております。

退院したらまた更新しますね~


未分類 | コメント:3 |
| ホーム |